トップ > 0 スキンダイビングについて > スキンダイビングの遊び方や魅力

スキンダイビングの遊び方や魅力

夏のスポーツといえば、スキューバーダイビングが有名ですが、
スキューバーダイビングと一見似ているような
でも、少し違うスポーツがあるのをご存知ですか?

その名は、スキンダイビングといいます。

では、そのスキンダイビングについてまとめてみたいと
思います。


スキンダイビング (skin diving) はどういうスポーツなの
かといいますと、スクーバといわれる水中呼吸装置を使わずに、
自分の肺の中にある空気のみを使い潜水するスポーツです。


スクーバとは、高圧空気の入ったボンベを携行する方式の
潜水器具です。

ですが、怖いのは、水深が深くなればなるほどブラックアウト
(酸欠による失神)の危険性が増すことになります。

これが、水中の怖さの1つでもあります。

スキンダイビングは、スキューバダイビングとは違って
エアの排気する音が無いので、魚達の警戒心も和らぎます
ので、スキューバーダイビング時とは違う違った海中の
様子を楽しむことができます。


スキンダイビングは、海中を楽しむ最適な方法の一つとして、
最近、行う方が増えてきているスポーツです。

どういう条件の方が行うことが出来るのか?
ですが、厳しい条件があるわけではなく
健康な成人であればいいとされています。

そして、適切な器材を使用して、簡単な技術を習得すれば
水深15m程度まで潜水することが可能です。

また、スキンダイビングを行うには、適切なサポートが不可欠ですし、
危険性を理解したうえで行う覚悟が必要です


スキンダイビングはどちらかというと、個人で楽しむ感じ
ですが、これが、スポーツとして発展したものになりますと、
競技性の強いものになり「フリーダイビング」と
呼ばれれるものになります。

フリーダイビングですと、十分な経験を積むことで、
水深20~30m程度までの潜水でしたら可能です。

最後に、スキンダイビングの装備についてですが
体にとくになにも装備しない。
あるいは、簡単な装具のみを使います。

単純な水中眼鏡、シュノーケリングで使う器材
(マスク・シュノーケル・ブーツ・フィン・ウェットスーツ)と同じ
ものを用いて潜水を行います。


フリーダイビングには、常にブラックアウト(酸欠による失神)の
危険性が伴うので、 十分な訓練と準備が必要となりますので
ご注意ください。

スキンダイビングを正しい準備をすることで
スキューバーダイビングとは違った世界を見ることができます。

この記事のカテゴリーは「0 スキンダイビングについて」です。
スキンダイビングの仕方や方法、価格 資格などについてまとめています
関連記事

スキンダイビングの遊び方や魅力

夏のスポーツといえば、スキューバーダイビングが有名ですが、 スキューバーダイビン...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「0 グアムのダイビングスポット」です。2009年01月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 サイパンダイビングスポット」です。2009年01月02日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 スキューバダイビングの魅力や遊び方」です。2008年12月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 沖縄のダイビングスポット」です。2008年12月05日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索